助成金、補助金を使って起業、創業、雇用確保、新規事業立ち上げ、研修などをしっかりサポート

補助金は後払いです

補助金は後払いです

補助金の相談を受けている中で、先にお金をもらえると思っている人がたまにいらっしゃいます。

「今、お金がないんで・・・そのお金がもらえると思っていました。」

残念ながら、補助金も助成金もその多くは、使ってから最後にもらえるという流れになります。(たまに概算払いで先にもらえる物もあるようですが)

創業補助金の場合は、300万円使うと200万円が補助されます。

「その300万円がないんです!」と思われる方もいらっしゃると思います。

ですので、そういった場合は、融資とセットで補助金申請をすることになります。

金融機関に融資を申し込み、その覚書と言われるものをもらい、一緒に補助金の申請を行います。

また、補助金には使えるお金が決まっています。

創業補助金だから、創業のためだったら、何に使ってもいいというわけではありません。たとえば、従業員の人件費は補助対象経費となるが、社長の人件費は対象にならないとかあります。

もちろん、それぞれの補助金によって使えるお金の内容は変わってきますが、何にでも使っていいというわけではありません。
そのあたりは、手引きを熟読しつつ、何に使えるか、これに使っていいのか、不明の場合は必ず補助金事務局に聞いた方がいいです。

補助金は後払いと書きましたが、補助対象経費を気にせずいろいろ使って後で認められず、補助されないといったこともありますので、くれぐれもその辺お気を付けの上、ビジネスを発展させてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional