助成金、補助金を使って起業、創業、雇用確保、新規事業立ち上げ、研修などをしっかりサポート

補助金とは?

補助金とは?

補助金といっても、いろいろありますが、今回は、経済産業省系の補助金について書かせていただきます。

補助金も助成金と同じく、国の政策を実現するために出されています。

返済不要の資金調達方法であるのですが、国としては、資金不足のために余っているお金を出しているのではなく、リターンを期待しての投資活動であるという認識をもって、補助金獲得に取り組まなければなりません。

今の国の課題は、何と言っても経済の活性化ではないでしょうか?

そこで、開業率のUPと廃業率のDOWNといったところが、目標値となっています。

2013年度からはじまった創業補助金はまさに、開業率UPという目標を実現するための補助金と言えます。

創業段階では、資金不足かもしれませんが、資金援助することで、その企業の土台ができ、ゆくゆくは、成長し税金をたくさん払ってほしいというようなストーリーを描いているのだと思います。

だからこそ、補助金の申請書には、そういった効果(3年後にはきっちり黒字となり税金払いますよといったストーリー)を書く必要があります。

では、補助金はいくらもらえるのでしょうか?

通常、上限○万円、補助率○%のような記載があるかと思います。

例えば、創業補助金の場合は、上限200万円、補助率2/3とあります。

これは、使ったお金の2/3を補助します。その最大が200万円ですということです。

ですので、実際は300万円使うと補助率2/3で200万円補助を受けるということになるのです。

全額補助してくれるものも中にはあるかもしれませんが、多くは補助率2/3とか1/2とかですので、あなたも負担する金額があります。

しかし、200万円補助を出してもらうということは、とてもインパクトのあることです。

例えば、200万円利益を出そうと思えば、粗利50%のビジネスをしているのであれば、400万円の売り上げが必要となります。粗利20%であれば、1000万円の売り上げが必要です。

起業、創業だけでなく、販促に使える補助金、新事業立ち上げに使える補助金などいろいろありますので、是非取り組んでみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional