助成金、補助金を使って起業、創業、雇用確保、新規事業立ち上げ、研修などをしっかりサポート

小規模事業者持続化補助金1日集中講座

小規模事業者持続化補助金1日集中講座

LP4-1のコピー


小規模事業者持続化補助金講座


小規模事業者持続化補助金講座


実は、小規模事業者持続化補助金の採択率は明らかにされていません。

ただ、補助金は国の税金を使っている事業ですので、

もちろんきちんと審査され、

採択される人、採択されない人がいるのは当然のことです。


しかし、小規模事業者持続化補助金ほど使いやすい補助金は他にありませんので、

是非とも狙ってほしい補助金なのです。


小規模事業者持続化補助金講座


小規模事業者持続化補助金は、下記のように販促に使える補助金です。

[check]チラシ制作

[check]展示会への出展やその旅費等

[check]ホームページ制作

[check]WEBサイトやメディア等への広告宣伝

[check]集客力を上げるための改装

[check]パッケージデザインの変更

・・等


LP1-4のコピー


小規模事業者持続化補助金を獲得するための大まかな流れですが、

①事業計画書を作成→提出

②事業計画書の審査→採択

③事業報告

となります。


その最大の難関が、事業計画書の作成です。


LP1-5のコピー


そこで、募集要項の審査の観点を見てみますと、

①経営状況分析の妥当性

②経営方針・目標と今後のプランの適切性

③事業計画の有効性

④積算の透明・適切性

と書かれています。


「えっ!それってどういうこと?」


と思われた方もいらっしゃるかもしれません。


募集要項には、小規模事業者持続化補助金を

獲得するための方法が細かく書かれています。

しかし、専門用語も多く、難しく感じてしまう人も多いようです。


また、補助金を獲得するには、他の人と比較されたうえで、

限られた枠を勝ち取る必要があります。

しかし、上記のような審査の観点を知ったとしても、

具体的にどうアピールしたらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。


そんな方のために、わかりやすく申請書の書き方のコツ

お伝えする講座を企画しました。


セミナー内容2のコピー


この講座の最大の特徴は、実践型のトレーニングというところです。

申請書類に沿って、各項目で何を書くべきかということをお伝えし、

そのあとのワークで実際に書くことで、

この講座内で、申請書の大枠を作ってしまうプログラムとなっています。


その結果下記のような、審査で落ちてしまう理由をつぶそうというのが狙いです。

小規模事業者持続化補助金講座

しかし、誤解なされないでください。

私たちは、この講座で小手先のテクニックをお伝えしているのではありません。


事業を成功させるためには、ニーズがないと物は売れません。

強みをきちんと伝えないと、サービスは拡がりません。


そういった本質的な価値の作り方をきちんとお伝えし、補助金獲得後、有効に活用いただき、ビジネスが発展する事業計画書作りをしてもらいたいと考えています。


だからこそ、参加者の方から、

「低迷している売上アップに貢献できると思います」

「自分の事務所の事業計画や他の事業計画を論理的に(市場のニーズや自らの強みを意識しながら)見直すことができる様になった」

と言った実際のビジネスにも役立つ内容だったという声を頂くことができているのです。

ぜひ、あなたにもこの講座に参加いただき、その価値をご自身で確かめてください。


LP4-13のコピー


LP4-15のコピー

前回参加された方のご感想

これならできる!

補助金を採択されたお客様の話を聞いてチャレンジしてみようと思ったものの、自分一人で考えてもコツやポイントが分からないし、専門家に依頼するには費用が・・・。

そんな時このセミナーのお話を聞き、これならできるかも!と思いました。

また、これに取り組むプロセズが今後の事業に活かせそうだと思い参加しました。

補助金取得を実現可能にするため、どのようなことを書けば良いのか分かりました。(S.Tさま)

非常に満足度が高いです!

細かい作業が苦手なので「もれがないように書類を作成したい」「申請が通りやすいような書き方・コツを知りたい」と思い、参加しました。

このセミナーで申請書を書くコツを学べ、実際にほとんど書き上げることができ、他に揃える書類もわかったので、全面的に役立ちました。

最初は大変かなぁと思ったのですが、ステップごとに指示通りに記入していくと、必要な書類のほぼ全てが埋められるという素晴らしいセミナーでした。

このセミナーだけで、大枠がすでに出来たことにほっとしましたし、非常に満足度が高いです。

書類作業がどちらかというと苦手な方、最後までつめるのをついつい先送りにしてしまう方にぜひお勧めしたいです。(M.Sさま)


講座の参加方法

今回、リアルの場で実際に取り組みながら、出てきた質問に答えつつ、申請書を完成させるための講座となります。


前回も講座の募集をしたところ、すぐに満席となりました。


今回もぜひ数多くの方にご参加いただきたいという思いで、24,800円(税別)でご提供をさせていただきます。

その理由は、一人でも多くの小規模事業者の方にこの講座にご参加いただき、

申請書の書き方のコツを体得して、売上UPへの取り組みを進めて欲しいと考えているからです。


小規模事業者持続化補助金には、締切があります。

その1週間前くらいには商工会議所もしくは商工会の確認が必要になってきます。

残された時間は、もうあまりありません。

お早目にお申し込みください。

5月15日(月):小規模事業者持続化補助金1日集中講座

<プログラム内容(予定)>

・補助金を獲得する上でしっておくべき3つの視点とは?
・申請書類作成で陥りやすい罠とは?
・実践演習!申請書の書き方ワークショップ
・小規模事業者持続化補助金の活用事例
・補助金採択後にやるべきこととは?
など
(状況に応じて変更になる場合があります)

<この講座の最大の特徴>
この講座の最大の特徴は、実践型のトレーニングというところです。
申請書類に沿って、各項目で何を書くべきかということをお伝えし、
そのあとのワークで実際に書くことで、この講座内で、申請書の大枠を作ってしまうプログラムとなっています。

その結果、
・事業計画の作りこみが甘い
・数字の詰めが甘い
・申請書類の不備
このような、審査で落ちてしまう理由をつぶそうというのが狙いです。

<概要>
・日程:2017年5月15日(月)10時~16時(受付は9時40分~)
・場所:都内会議室
・価格:24,800円(税別)


講座申し込みボタン



講座を受講するにあたってのお願い

①事前課題に取り組みください。

講座の中では、書き方のコツをお伝えし、その後実践ワークとなりますが、事前課題に取り組まず、ゼロベースの状態から参加されますと、ワークをスムーズに行うことができません。


事前準備をされていた方が、講座での成果につながるかと思います。


参加申し込みいただいた方には、後日事前課題をお送りしますので、まずは、そちらに取り組んだ上でご参加ください。


事前課題と言っても難しいものではありません。


あなたの事業を見つめなおしたり、整理できるものですので、そちらに取り組むだけでも十分に価値のあるものだと思います。

②パソコンで実際の申請書を記入しながら参加ください。

今回の講座では、講座の中で申請書を作ってしまおうと考えています。


ですので、実際のフォーマットを使い、その場で作成できるよう、パソコンを持参してのご参加をお願いいたします。


その辺もご理解の上、ご参加いただけると嬉しく思います。


 追 伸 

私たちの方では、今小規模事業者持続化補助金だけでなく、

いろんな種類の補助金のサポートをさせていただいております。


ただ、最初にご相談いただいたときには、あまり事業プランが明確でなかったり、

書き方のポイントがずれているなと感じることがあります。


しかし同時に、やられている事業や、これからの取り組みが

非常に素晴らしく応援したい事業もたくさんあります。


そういった事業を発展させるために、その想いを形にするのが、

私たちの仕事だと考えています。


だからこそ、本気で成果を上げたいと思われている方にこそ、

私たちはこの講座に参加していただきたいと思っています。


一方で、中途半端な覚悟では、この講座に参加しないでください。

なぜなら、講座を見て申請書が出来上がるわけではなく、 実際にワークをして申請書を作成し、

提出しなければ、採択されることはないからです。


補助金申請はすべての人が採択されるわけではありません。

しかし、この『経営計画書』と『補助事業計画書』に取り組まれることだけでも

ご自身のビジネスを見直すいい機会だと思います。


あなたの補助金獲得、そして今後のビジネスの発展にあなたのお力になれることを願って、あなたのご参加お待ち申し上げます。


講座申し込みボタン


特定商取引法に基づく表示 / 個人情報保護方針 / 助成金・補助金アドバイザー協会

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional